緑を育てる不思議なゼリー

私の夫はとても綺麗好きで、家のなかで植物を育てるのを嫌がります。土がこぼれたり、虫が来るのが嫌なのだそうです。部屋に観葉植物を置きたい私は、長い間その事を不満に思っていました。
しかし去年の夏、百円ショップで面白い商品を見つけたのです。それは小さなゼリー状のボールで、中に水分と肥料が含まれており、土の代わりに植物を植える事が出来るというものです。水遣りは不要なので、底に穴の開いていない普通の器やガラス瓶なども使うことが出来ます。これなら衛生的なのではと思い、さっそく買って、手始めにポトスの苗を植えてみました。ガラスの器の中で、透明なボールがキラキラして涼しげです。道具もいらず、手も汚れないので植え付けも簡単でした。
ボールが乾燥して小さくなったら、数時間水に浸けて回復させるだけで、毎日の手入れは特に必要ありません。土で育てるより苗の育つ速度は遅いように思いますが、ポトスなどはどんどん伸びてしまうので、室内に置く分には大きくなり過ぎずにかえって育てやすいかなと思っています。
ポトスでうまくいったので、他にもテーブル椰子やアイビーなどを色々な器に植えてみました。夫に文句を言われることもなく、今のところ皆元気に育っています。小さくても室内にグリーンがあると癒されますね。

Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です